大きな額を動かす外国為替取引

FXとは、Foreign eXchangeの略称であり、正式名称を日本語では外国為替証拠金取引と呼んでいます。単純に外為や外国為替とも呼ぶこともありますし、為替=FXという意味で使われる場合もあります。現在では、FXと聞けば多くの人が知るオンライン取引として世間にも認知されています。

では、このFX=外国為替取引証拠金取引とは一体どんな取引なのか?まず、取引で扱われるのは外国為替です。海外の通貨ということですね。そしてこの取引を保証するために、仲介する業者へ自分のお金を預けることになります。このお金を保証金と呼んでいます。そして海外の通貨と日本円(例えばUSドル×円)、海外通貨と海外通貨(USドル×ユーロなど)といった二種類の通貨間での為替レートが上がるか下がるかを予想するという内容です。

身近な例として、旅行に行くので100USドルを購入したい場合、為替レートが1ドル100円なら1万円を支払い、手数料をプラスで支払うことで両替が可能となります。逆に旅行から帰ってきて使わなかった100ドルを日本円に替える場合は、100ドルを売って1万円となり、手数料を支払うという流れになります。ただ、為替レートは常に動いていますからこの時1ドルが110円と円安になっていたら、11000円戻ってくるので得をします。この為替差益がFXで得られる利益となるわけです。

両替の例を踏まえてFXを見てみると、まずFXで売買できる額はそれ以上の大きさとなります。1万円で取引というようなことはできません。業者によって異なりますがだいたいが最低1000ドル以上~1万ドル以上など、FXで売買可能な単位が決められています。

選んだFX業者の取引売買単位が最低10000ドル以上だとしたら、約100万円以上の資金を用意しなくてはなりません。(1ドル=100円として) レバレッジを10倍にすれば元手の資金は10万円で済みますが、もちろんリスクも大きくなります。単純に考えるとリスクをできるだけ抑えるには、まとまった資金が必要ということになります。

しかしFXをやるならリスクも小さく、レバレッジにもあまり頼らずに、できれば投資資金も少額で行いたい・・・それが本音でしょう。その際はまず最低取引額の単位が1000ドル以上のFX業者を選ぶことです。そうすれば、約10万円以上の資金さえ用意すればFXがリスク最小限で取引可能となります。これならレバレッジに頼らずとも取引できるということになります。但し最低取引金額が小さいと、その分取引一回にかかる手数料が取られることがあります。その点は事前に確認しておく必要があります。

その他にもFXを始める前に業者選びで確認したいのが、スワップ金利やスプレッド、取り扱い通貨ペアの種類などです。FXを取り扱う業者は数多くあるので、適した業者を様々な視点から見ておくことも大切です。

 

top